ビタミンと栄養

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

ビタミンと栄養

.

ビタミンAの栄養効果

ビタミンAの栄養効果

ビタミンAが欠乏すると夜盲症になり、暗順応が悪くなる。また涙の分泌が少なくなって目が乾燥したりします。それ以外にも皮膚が乾燥したりします。

ビタミンAは脂溶性ビタミンのためほとんど排泄されないため肝臓に蓄積されます。そのためビタミンAの過剰摂取がおきます。ビタミンAの過剰摂取は食欲不振や嘔吐などをまねくおそれがあります。


ページのトップへ ▲

ビタミンB1の栄養効果

ビタミンB1の栄養効果

ビタミンB1は米胚芽や玄米、大豆などに多く含まれています。ビタミンB1が欠乏すると脚気になります。


ページのトップへ ▲

ビタミンB2の栄養効果

ビタミンB2の栄養効果

ビタミンB2は牛乳や卵、ほうれん草、肉などに含まれています。ビタミンB2が欠乏すると口内炎や口角炎、口唇炎などができます。皮膚の皮脂腺が多い部分に脂漏してできます。


ページのトップへ ▲

ビタミンB5の栄養効果

ビタミンB5の栄養効果

ビタミンB5はパントテン酸とも呼ばれレバーや肉類、牛乳、きのこ類、豆、魚介類などに多く含まれています。ビタミンB5が欠乏すると血圧の低下や疲労などが起こります。またビタミンB5は免疫力を高め、ストレスに対する抵抗力を高める働きや髪の毛や皮膚の栄養状態と関係があるので髪の毛につやがなくなってきた時や薄くなってきた時はビタミンB5の栄養状態が影響して効果があるといわれています。


ページのトップへ ▲

ビタミンB6の栄養効果

ビタミンB6の栄養効果

ビタミンB6は肝や魚肉、肉などに多く含まれています。ビタミンB6は体内のアミノ酸の代謝に関係しています。ビタミンB6が欠乏すると食欲不振、悪心、嘔吐にみまわれたり、口内炎や口角炎、口唇炎などができます。また神経症状として知覚麻痺、腱反射減弱、四肢のしびれなどを生じます。


ページのトップへ ▲

ビタミンB12の栄養効果

ビタミンB12の栄養効果

ビタミンB12はレバーや卵、くだものなどに多く含まれています。ビタミンB12はたんぱく質の代謝に関係しています。ビタミンB12は正常な赤血球を作るのに必要なため不足すると貧血をひきおこしてしまいます。ビタミンB12の貧血は鉄分不足による貧血と異なり悪性貧血と一般によばれています。ビタミンB12の不足は特に大人に起こりやすい悪性の貧血です。貧血症状以外にも胃腸障害や頭痛、全身の倦怠感などの症状が起こる場合もあります。イライラする人、集中力の低下、ボケ防止にもビタミンB12はおすすめです。


ページのトップへ ▲

ビタミンCの栄養効果

ビタミンCの栄養効果

ビタミンCは果物や緑黄色野菜、肝臓、緑茶などに多く含まれています。ビタミンCが欠乏すると血管壁がもろくなり、外から圧力が加わると出血しやすくなります。皮下出血や歯齦出血になり、ビタミンCの不足が進むと消化管出血や骨膜下出血などをひきおこします。またビタミンCの不足により歯や骨の発育に影響がでます。


ページのトップへ ▲

ビタミンDの栄養効果

ビタミンDの栄養効果

ビタミンDは肝油やバター、魚肉、しいたけなどに多く含まれています。ビタミンDが欠乏するとO脚やX脚を生じます。また幼少児期にビタミンDが不足するとカルシウムの吸収が阻害される。

ビタミンCを過剰に摂取すると小児は不機嫌になったり脱力、嘔吐、発育遅延などをひきおこします。


ページのトップへ ▲

ナイアシンの栄養効果

ナイアシンの栄養効果

ナイアシンは肉類や種実類、鶏肉、レバーなどに多く含まれています。ナイアシンはニコチン酸とも呼ばれ糖質や脂質をエネルギーに換える働きがあります。またナイアシンは皮膚を健康に保つ働きがあるので不足すると皮膚の炎症が起きたりします。ナイアシンは消化器官を健康に保つ働きがあるため不足すると食欲不振や消化不良をひきおこす場合があります。アルコールを分解する作用があるのでお酒を飲む人はビタミンB1と一緒に摂取するといいですよ。


ページのトップへ ▲

葉酸の栄養効果

葉酸の栄養効果

葉酸はレバーや肉類、卵黄、緑黄色野菜、胚芽などに多く含まれています。葉酸は貧血を防止し成長を促進する働きがあります。葉酸が不足すると貧血症をひきおこします。葉酸の不足で起こる悪性の貧血症は大人より子供に起こりやすいです。また葉酸は細胞を増やすときにとても重要な働きをするため妊婦さん(特に妊娠初期)や妊娠を計画中の人は予防の意味からも葉酸の摂取するといいですよ。ただし過剰摂取はビタミンB12の不足による貧血をわかり難くするため摂取量1日1rを越えないようにしましょう。


ページのトップへ ▲

ビタミンHの栄養効果

ビタミンHの栄養効果

ビタミンHはビオチンとも呼ばれてします。ビタミンHはレバーや玄米、いわしなどの魚介類などに多く含まれています。ビタミンHは皮膚や髪の健康を維持する働きがあります。またビタミンHは神経にも関係があり不眠やうつ、憂うつ感があるときにビタミンHを補給すると有効です。ビタミンHは普通の食生活では不足の心配はありません。また抗生物質を服用中の人もビタミンHをビタミンKとともに補給するといいですよ。


ページのトップへ ▲

ビタミンEの栄養効果

ビタミンEの栄養効果

ビタミンEは魚介類や植物油、種実類、緑黄色野菜などに多く含まれています。ビタミンEは酸化を防止する働きがあることから老化の防止によいとされています。ビタミンEが不足すると血行が悪くなってしもやけやひびわれ、あかぎれが出来やすくなります。またビタミンEは血行をよくする働きがあることからシミの発生を防いでくれます。ビタミンEは肌荒れや冷え性、中性脂肪が高い人などはビタミンEを補給すると改善されますよ。


ページのトップへ ▲

ビタミンKの栄養効果

ビタミンKの栄養効果

ビタミンKは納豆やブロッコリー、肉類などに多く含まれています。ビタミンKは血液を固める働きがあります。ビタミンKが不足すると怪我をしたとき血が止まりにくくなったりします。血液を固める成分は肝臓で作られますがその時にビタミンKの力が必要になります。またビタミンKは血液凝固作用のほかにカルシウムを吸収するときにビタミンDの働きが必要なのと一緒にビタミンKも関係があります。ビタミンKはいろんなものに含まれているので不足する心配はありませんが、カルシウムの補給とともにビタミンD、ビタミンKを摂取すると骨粗鬆症の予防におすすめです。


ページのトップへ ▲

ビタミン剤と栄養機能食品について

ビタミン剤と栄養機能食品について

ビタミン剤は薬事法に基づいて厚生労働省の検査に合格したものが薬として販売されています。決まった量を定期的に成分の含有量を考えて飲む薬です。

栄養機能食品は平成13年、保健機能食品制度がスタートしました。健康に対する関心が高まり健康食品への関心も高まってきました。栄養機能食品は医薬品と間違われないように表示し、治療や予防に関係する表示をすることは出来ません。医薬品ではありませんが、栄養成分、栄養機能、注意事項、1日あたりの摂取量の目安、摂取方法を表示しなくてはなりません。栄養機能食品は、含有量などを明記されているので安心して購入できます。またビタミン剤に比べると安価なものが多いのが特徴です。

サプリメントと呼ばれる栄養補助食品は製品規格、製法、加工規格、表示広告基準などのいろいろな規格基準を設けられていてこれに適した製品がIHFAマークと呼ばれる認可マークが表示されています。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.