栄養管理士試験

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

栄養管理士試験

.

栄養管理士試験を受けるためには

栄養管理士試験を受けるためには

[(注)正しくは「管理栄養士」ですので、本文中の「栄養管理士」は「管理栄養士」としてお読みください。]

栄養管理士の資格を取るには栄養士の免許を取得後、栄養管理士試験である栄養管理士国家試験に合格し、栄養管理士としての登録が必要です。栄養士の資格を取るには、栄養士養成施設(修養年限は2年、3年、4年があります)を卒業するか栄養管理士養成施設(修養年限は4年)を卒業すると栄養士の免許が都道府県知事より交付されます。栄養管理士試験の受験資格は、養成施設を卒業し栄養士の免許を取得した人に限られています。4年間の栄養管理士養成施設を卒業し栄養士の免許を取得した人、また、栄養士養成施設の栄養士は修業年限によって、その後厚生省令で定める施設においてそれぞれ1〜3年の栄養指導に従事した人に栄養管理士試験の資格が与えられます。


ページのトップへ ▲

栄養管理士試験の概要

栄養管理士試験の概要

平成19年には3月25日に栄養管理士の試験である栄養管理士国家試験が実施されています。試験地域は北海道、宮城県、東京都、愛知県、大阪府、岡山県、福岡県および沖縄県。願書受付は1月、受験手数料は収入印紙代、6,800円が必要です。試験の願書は大学や各地方厚生局、都道府県庁、保健所(一部を除く)の窓口にて入手することができます。栄養管理士国家試験の試験科目は、社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論。試験の合格発表は5月です。


ページのトップへ ▲

栄養管理士試験・勉強のポイント

栄養管理士試験・勉強のポイント

栄養管理士試験に合格し栄養管理士になりたいと思うのは、現役の学生ばかりではありません。結婚・出産を期に仕事を休んでいる人、または仕事を持っている人でも栄養管理士を志望する人も増えつつあります。そんな人もためには通信教育という方法もあります。通信教育でもそうですが、栄養管理士試験の勉強のポイントは基礎をしっかり身につけることです。テキストを何度も繰り返し勉強し、基礎を習得してから問題集にとりかかりましょう。時には環境を変えて図書館で勉強したり、気分を変えてみるのも試験勉強を集中してやる一つの方法です。できる限り、試験勉強は早めにとりかかり、計画的に勉強することが大切です。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.