褥瘡の栄養管理

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

褥瘡の栄養管理

.

褥瘡とは

褥瘡とは

褥瘡とは、一般的に床ずれと言われています。褥瘡には高齢者の低栄養症としてたんぱく質の欠乏症とエネルギーの欠乏症があります。なぜ、褥瘡が出来るのかといいますと、寝たきりの状態で自分の力で体位の変換が出来なかったり、血清アルブミン値が低かったりした場合に起こります。褥瘡は、栄養管理を行うことで予防になると言われていますので、しっかりマスターしておきましょう。


ページのトップへ ▲

褥瘡の栄養管理のポイント

褥瘡の栄養管理のポイント

褥瘡の栄養管理としてたんぱく質やエネルギーの欠乏症によって褥瘡が出来るので、十分な栄養を取る必要があります。炎症期には炭水化物やたんぱく質を増殖期にはたんぱく質や亜鉛、銅などを補給するといいです。亜鉛が不足すると褥瘡の治癒が遅くなります。また貧血は褥瘡にとって悪因子であるので、鉄の摂取は褥瘡の予防になります。

褥瘡は定期的な体位の変換も必要ですが、低栄養によっても引き起こされる為、栄養管理をしっかり行うことが予防にまたは治療に有効でしょう。人の栄養状態はその時その時の状況で違うので定期的に栄養のアセスメントを総合的に行うことが大切です。栄養管理は傷(褥瘡)が治るために必要なエネルギーやたんぱく質、ビタミンなどの栄養素を十分、摂取することが大切です。栄養管理を行ううえでたんぱく質を多く含む肉や魚、乳製品等や鉄、亜鉛、銅を多く含むレバー等の食品が有効です。食品だけでは十分な栄養素を摂取できない場合は栄養補助食品やサプリメントを利用することも良いでしょう。


ページのトップへ ▲

なぜ褥瘡(床ずれ)が起こるのか

なぜ褥瘡(床ずれ)が起こるのか

栄養が十分に摂取できていないと免疫力の低下を招きます。免疫力の低下は皮膚がもろくなり傷が治りにくくなります。また、栄養が十分に摂取できていない低栄養症になると動作が鈍くなります。動作か鈍くなると眠っている時などに寝返りをうって体位を変換できず同じ体位で長時間いるため血流がとどこおり皮膚が炎症を起します。また、汗や尿などで長時間、湿っている状態でいると皮膚組織が低下しているとかぶれ等を引き起こし、褥瘡(床ずれ)が起こりやすくなります。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.