経管栄養の管理

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

経管栄養の管理

.

経管栄養(経管栄養法)とは

経管栄養(経管栄養法)とは

食べ物を口から食べることは出来ないが消化管の機能は保たれている場合に胃に管(チューブ)を挿入して流動食を注入します。経管栄養法として@経鼻栄養法A胃瘻栄養法B空腸瘻栄養法の3種類があります。


@経鼻栄養は 、鼻腔から胃や十二指腸までチューブを通しその管を使って栄養補給する方法。

A胃瘻栄養法は、腹壁から胃までチューブを通しその管を使って栄養補給する方法。

B空腸瘻栄養法は、腹部から空腸に管(チューブ)の挿入部を作って、チューブを留置して栄養補給する方法。胃内に栄養補給が出来ない場合に使われます。


経管栄養に用いられる流動食のポイント

  1. 少量で高カロリーである。
  2. 栄養のバランスがよい。
  3. 消化吸収がよい。
  4. 流動食で管(チューブ)がつまらないこと。

経管栄養法の利点

@腸を使うため、腸の萎縮を防ぎ、防御機能を維持できるため厳密な無菌操作が必要ありません。しかしチューブが細菌に汚染されると下痢などをひきおこす場合があります。

A中心静脈栄養と比較して中心静脈カテーテルの留置が不要で、低コストです。

B感染性合併症の発生が抑制されたり、在院期間の短縮効果があります。


ページのトップへ ▲

在宅での経管栄養法

在宅での経管栄養法

経腸栄養法は管理が容易で、在宅に最も適した栄養法であります。

経皮内視鏡的胃瘻造設術(percutaneous endoscopic gastrostomy : PEG)という手術法により経腸栄養を安定して供給することが出来るようになりました。またPEGによって患者さんの状態の改善がおこなわれました。また介護者の心身的負担が軽減されたとともに緊急入院や通院する回数が減少したことによる医療費の軽減効果があります。


ページのトップへ ▲

栄養管理の注意点

栄養管理の注意点

濃厚な流動食は食品衛生法により添加することが出来ないミネラルがあります。そのため濃厚な流動食だけで長期間栄養管理がおこなわれている場合、銅や亜鉛などの微量ミネラル成分の欠乏がおこる場合があるので注意が必要です。

また濃厚な流動食を急速に投与したり、濃度が適切でなかった場合など下痢を引き起こすことかあるので注意が必要です。

経管栄養法を適切に管理するための注意点

  1. 投与スケジュールを作成し、管理する
  2. 急速な投与はさける
  3. 容器などをつねに清潔にする
  4. 多くの流動食は防腐剤を使用されていないので、開封後は出来るだけ早く使用する。
  5. 保管方法は、各々の製品に記載されている注意点、留意点に従って保管、管理をして下さい。

なぜ、清潔にすることが大切なのか

経管栄養で用いられる流動食は、高カロリーであるということは栄養がとても豊富であると言うことです。したがって容器に残存していると細菌の発生や増殖を招くことになります。経管栄養法の管理で注意することに細菌性の感染があります。清潔にしていないと感染性合併症を引き起こします。そのためきちんと洗浄して清潔にすることが重要となります。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.