高齢者の栄養管理

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

高齢者の栄養管理

.

高齢者の栄養管理はたいへん?

高齢者の栄養管理はたいへん?

高齢者の栄養管理として高齢者の低栄養状態にならないようにすることが必要であります。高齢者個人の状態に合わせた食事の形態が必要になります。

高齢になると食べやすい食事が中心になりがちです。例えは堅い物や繊維が多い食事は敬遠されがちです。また味覚が低下するため、味が濃いものが好まれます。そのため塩分や砂糖を過剰に摂取しがちになります。

高齢になると、エネルギーやたんぱく質、糖質は食事から十分取ることが出来てもビタミンやミネラルなどの微量栄養素は不足しがちになります。そのため不足の栄養を栄養補助食品を使って補うことも1つの手段です。


ページのトップへ ▲

高齢者の栄養管理のポイント

高齢者の栄養管理のポイント

高齢者の栄養管理のポイントとして

  1. 主食・主菜をきちんと
  2. 少しづつ食べたいものを食べたいときに
  3. 栄養補助食品を上手に活用する
  4. 自分で食事をする
  5. 食べたいと思うようにする(食欲を増進させる)

以上です。

高齢になると咀嚼や嚥下がだんだん困難になってきますが、出来るだけ自分で食事をとることが大切です。

固形物を除いて流動状にしたり、嚥下が困難な人には流動食をゼラチンや寒天で固めたりとろみをつけたりと工夫して、ひとりひとりの状態に合わせた食事をすること大切です。


ページのトップへ ▲

高齢者の栄養管理

高齢者の栄養管理

高齢者は基礎代謝の低下や活動量の低下などにより加齢とともに1日に必要となるエネルギーの必要量が低下します。また日常の活動状態や健康状態によって必要となるエネルギーや糖質、脂質などの量を調節することが大切になります。

加齢によって味覚、臭覚が低下するほか噛む、飲み込むなどの摂食機能の低下、食べたものを消化吸収する機能の低下から食欲不振となり低栄養状態に陥りやすくなります。

噛むことでは歯が抜けると堅い物や繊維が多い食事は敬遠され、栄養が偏りがちになります。また歯がない事によって、軟らかい食事となり咀嚼回数が減少します。噛む回数が減ると唾液が分泌される量も減り、消化吸収能力の低下につながります。

高齢者になると脱水症状を起こしやすくなります。なぜ脱水症状を起こしやすくなるのかそれは、高齢者になるとのどが渇いたことに気づきにくくなるためです。脱水を起こさないように食事時は水分を一緒にとると良いでしょう。また食事以外の時でも十分、水分の補給をすることがおすすめです。

高齢者になると加齢とともに色んな機能が低下しがちです。栄養管理をおこなううえで毎日の自分の生活状態や健康状態に合わせて食事の量、質を調節することが大切です。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.