拒食症の栄養管理

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

拒食症の栄養管理

.

拒食症とは?

拒食症とは?

拒食症…一般によく聞く言葉ですがどのような状態を拒食症と言うのでしょうか。拒食症とは心理的な原因により食に異常をきたす病気で、標準体重÷(身長cm-90)×0.9のやせている状態が3ヵ月以上続き、肥満に対する恐怖を持ち、無月経などの病的な症状があらわれます。食事の量は少なく、食後に嘔吐をしたり下剤を使用したりするなど、やせることに執着し、やせていれば安心と感じています。最悪の場合は拒食症によって死亡するケースもあります。ストレスを適切に処理する能力をコーピングスキルと呼び、拒食症に陥るケースとしてはコーピングスキルが未熟なため、ストレスを溜め込み、それをダイエットや体重変化に関心を移行させ、間違った心理的ストレスの解消をしているとも考えられています。負けず嫌いで完全主義の人が多いのも特徴。完全性を求めるあまり、挫折感を味わいやすく、それが拒食症を引き起こす原因になる場合もあります。


ページのトップへ ▲

拒食症の栄養管理の重要性

拒食症の栄養管理の重要性

拒食症では、まず、栄養状態を改善する栄養管理が必要です。コーピングスキルを高めるためには十分な体力と心理的治療が必要ですが、飢餓の状態では情緒が不安定になり心理的治療の妨げになり、また、低栄養による合併症の危険性が高まります。栄養管理による栄養指導、栄養障害の程度を把握し、医学的アドバイスや栄養管理に基づいた栄養指導を行います。しかし、拒食症の最終的な課題は食行動の異常ではなく、心理的な問題であることを認識し、拒食症である本人が受けるストレスをどうやって減らすか、ストレスを食行動の異常につなげず適切な方法で解消する行動を学ぶ心理療法を栄養管理とともに行うことが大切です。


ページのトップへ ▲

拒食症の栄養管理の方法

拒食症の栄養管理の方法

心のバランスと食生活には深い因果関係があると言われるほど、栄養管理は大切なことです。しかし、やせたいことを切望している拒食症の人に栄養を取って体重を増加させることは大変なことです。そこで大切なのはまず、本人が楽に食べられる食事を否定しないこと。その上で一日三食、エネルギー量と栄養を考えたバランスを改善し、それによって体に表れるいい傾向を認識させ、良い食行動をすすめていくといった栄養管理が必要です。拒食症の人には本人が希望する体重以内におさまるカロリーの食事の栄養管理が大切。カロリー表示のレトルト食品や市販の食品を取り入れます。嘔吐や下剤を減少させる栄養管理の工夫も大切です。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.