栄養管理の目標の立て方は?

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

栄養管理の目標の立て方は?

.

栄養管理の目標の立て方で大切なこと

栄養管理の目標の立て方で大切なこと

栄養管理の目標を立て方で大切なことは、栄養スクリーニングと栄養アセスメントにより判断した内容に従って、栄養管理の課題を出していくわけですが、その課題は明確であること、できるだけ具体的であることが大切です。課題は複数になる場合は優先順位をつけましょう。栄養管理の目標を立てる上で、期間の設定も実行可能な設定を行うことが大切。また、数値的評価ができるような目標の立て方が必要です。目標に向かい、課題を実行していくうえで変化は生じるもの。その変化に早く気づき、迅速に対応する必要があります。その場合は変化に応じて栄養管理の目標も変わってくるケースも出てきます。迅速に、柔軟に対応することが大切です。


ページのトップへ ▲

学校給食の栄養管理の目標の立て方

学校給食の栄養管理の目標の立て方

現在、学校給食費を支払わないという問題が浮き彫りになっています。学校給食の目標は学校でご飯を食べるためだけのものなのでしょうか?学校給食は栄養士が栄養管理を考えたうえで作っているもの。では、学校給食の栄養管理の目標の立て方として大切なことは何でしょうか?学校給食はおいしく、全部残さず食べてもらうことが目標です。そのためには子どもたちの生の声、姿を知ることが大切。そして、子どもたちに食や栄養に興味を持ってもらうことが栄養管理を成功させるための目標の一つです。そのために、学校給食を作る栄養士は季節や行事、外国の料理や郷土料理、また、よく噛んで食べられるメニューや主食、主菜、副菜、デザート、と様々な工夫をした献立の立て方も栄養管理の一つ。これらの目標を達成するためには、栄養士だけでなく、教師や家庭、ひいては地域の協力が必要です。


ページのトップへ ▲

病院での栄養管理の目標の立て方

病院での栄養管理の目標の立て方

病院での栄養管理の目標の立て方として大切なのは、患者様一人ひとりに適した栄養管理がなされる、ということです。また、患者様自身が病気の知識と理解を深めていくことが栄養管理の目標を達成させるための第一歩といえます。そのためには、患者様との話す時間を多く取り、栄養管理についての内容を把握してもらうことを前提とした目標の立て方が必要です。もちろん、栄誉管理によって体をもとの状態に戻す、ということは目標ですが、患者様も納得した栄養管理を進めていくことが理想の栄養管理といえるのではないでしょうか。それには、栄養士、看護師、医師、その他のスタッフの連携が大切となります。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.