妊婦の栄養管理

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

妊婦の栄養管理

.

妊婦の栄養管理のポイント

妊婦の栄養管理のポイント

健康な体で健康な赤ちゃんを産むためには、妊婦にはどのような栄養管理が必要なのでしょうか?妊婦の栄養管理のポイントは、まず必要な栄養素をバランスよく摂取すること。便秘や下痢をしないように、果物、穀物、野菜などをバランスよく食べ、また鉄分を多く取って貧血にならない栄養管理をしましょう。また、妊婦にとって塩分の取り過ぎは注意が必要です。料理の味付けはうすくし、塩分の多い加工食品等は避けましょう。さらに妊婦の栄養管理において大切なことは、体重コントロールです。特に妊娠後期は体重コントロールをするのが困難になるので、妊娠初期の体重の増やし過ぎには注意を。妊娠後期は食事の回数を多くするなどして、栄養管理に努めましょう。また、水泳やウォーキングといった適度な運動は妊婦にとっても適した運動です。激しい運動はおすすめできませんが、適度に体を動かすことは必要な栄養管理の一つです。


ページのトップへ ▲

つわりの時の栄養管理

つわりの時の栄養管理

妊婦に取って多かれ少なかれつわりはあるものです。つわりの時の栄養管理で大切なのは空腹でいることを避けることです。この時赤ちゃんが必要としている栄養はまだ多くありません。栄養管理のことばかりに気をとられず、食べたいもの、食べられるものを食べましょう。さっぱりとしたものや梅干しなどの酸っぱいもの、水分や新鮮な果物、野菜を十分にとりましょう。イライラや心配事は赤ちゃんにとっても妊婦にとってもよくありません。疲れないように休憩しながら、のんびりとした気持ちで過ごしましょう。尿の色が濃くなったり、だるさを感じたり、水分を摂取できなくなった時にはすぐ病院に行きましょう。


ページのトップへ ▲

妊婦とサプリメント

妊婦とサプリメント

現在では妊婦用の様々なマタニティサプリメントがあります。妊婦にとって必要な鉄分は通常の2倍になり、これを食事でとろうとするのは無理があります。鉄分が不足すると貧血をおこしてしまいます。また、妊婦にとって必要な葉酸は、不足すると胎児に脳や脊髄の先天異常が生じる危険性が高くなります。妊婦にとって大切な鉄と葉酸。これらを補うサプリメントは大切ともいえるでしょう。但し、妊婦にとって一般には薬を飲むことは避けるべきことです。サプリメントや市販の薬についても同じこと。鉄や葉酸を含んだサプリメントやマルチビタミンなどは、必ず医師に相談してから使用しましょう。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.