ペット(動物)の栄養管理士の仕事

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

ペット(動物)の栄養管理士の仕事

.

様々ある動物に関わる仕事

様々ある動物に関わる仕事

[(注)正しくは「管理栄養士」ですので、本文中の「栄養管理士」は「管理栄養士」としてお読みください。]

動物と関わって仕事がしたい、ペットのために役に立つ仕事をしたい、と考えている人も少なくはないでしょう。動物やペットと一緒に働く仕事はたくさんあります。獣医や水族館飼育係の仕事、動物園飼育係の仕事、時々TVなどでもニュースとして扱われる介護犬訓練士や警察犬訓練士、災害救助犬訓練士の仕事、牧場スタッフやテーマパークの仕事、ペットショップスタッフやペットホテルの仕事、トリマーやドッグトレーナー…とあげればきりがないほどです。その中に動物看護士の仕事やペット栄養管理士の仕事があります。ペット栄養管理士の仕事は動物の栄養学などの専門的知識を持ち、栄養面においてペットの健康をサポートするのが仕事。人間の栄養管理士と同じように、ペット専門に栄養管理をする栄養管理士という仕事があるのです。


ページのトップへ ▲

ペット栄養管理士の仕事内容

ペット栄養管理士の仕事内容

ペット栄養管理士の仕事はどのようなものでしょうか?最近においてはペットといっても犬や猫のような動物ばかりでななく、ヘビやトカゲなどの爬虫類、リスやフェレット、サルやプレーリードッグといった動物園で馴染みのある動物を飼う人も増えてきました。しかし誰もがそれぞれの動物の性格や飼い方を熟知して飼っているわけではありません。慣れていない飼育方法やえさの与え方、えさの種類などを把握せずに飼っていると、動物たちは病気になってしまうことがあります。そこで、ペットの栄養管理士が様々な動物に対応した、動物たちが健康でいるための生活をサポートします。ペット栄養管理士はペットの栄養学、栄養面が原因で起こる病気などに対する知識を身に付け、栄養面でのサポートをするのが仕事です。飼い主にとってはとても頼りになるペット栄養管理士。ペット栄養管理士の活躍はこれからますます期待されます。


ページのトップへ ▲

動物看護士の仕事

動物看護士の仕事

ペット専門の栄養管理士という仕事があるように、動物専門のナースという仕事もあります。動物看護士とは、動物病院や動物園、水族館といった職場で獣医師のサポート役として働くナースのことです。動物に関する知識と技術が求められる他、ペットの飼い主とのコミュニケーション能力も求められます。正確で効率的な治療を行うためには、動物の症状の他に普段の食生活や、普段の様子、言葉を話すことのできない動物のささいな変化を飼い主から聞き取ったり、判断したりすることが必要になってくるからです。動物看護士の仕事は入院している動物の看護や掃除、また、受付業務なども仕事のうちです。動物看護士になるためには、動物看護士養成学校などの専門学校で知識を学び、各団体の動物看護士の資格を取得することが必要です。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.