犬・ペットの栄養管理

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

犬・ペットの栄養管理

.

ペットの栄養管理は飼い主の責任

ペットの栄養管理は飼い主の責任

犬や猫、様々なペットたちの健康のためには、栄養管理のもと、食事を与え、運動をさせ、病気になったら病院に連れて行き、また、ストレスを溜めさせない環境づくりをしなければなりません。そのためには、それぞれのペットについて知ることが大切です。以外と間違った知識でペットを飼っている場合も少なくないもの。ペットが喜ぶから、たくさん食べるからそのペットフードが1番いい、ということは必ずしも言えないのです。栄養管理をせず、それしか食べないからといって、同じペットフードを与え続けて、肥満になってしまったり、頭の弱い犬が生まれてしまうこともあるのです。現在の栄養管理は間違っていないか、もう一度振り返って、ペットのために快適な生活環境づくりをしましょう。


ページのトップへ ▲

栄養管理で犬の肥満をなくす

栄養管理で犬の肥満をなくす

野生動物と違い、ペットとして飼われている犬には肥満が多く、それが原因で病気を引き起こす場合があります。そんなことにならないためには、その犬に合った量の、その犬に合った食事を与えること。毎日の栄養管理をしっかりすることが大切です。犬の一日に必要なエネルギー量を確認、与えているおやつのエネルギー量も確認。過剰に与えていないかをチェックしてください。さらに、現在与えているペットフードが炭水化物で構成されたものだと、必要以上に食べてしまうことになります。質のいいタンパク質で構成されたものを与えてあげましょう。また、体の筋肉量を維持するための運動は犬にとってとても大切なこと。運動をすることで血液の流れがよくなり、基礎代謝率もよくなります。犬の健康のためにしっかりと栄養管理をしましょう。


ページのトップへ ▲

栄養管理で犬のストレスをなくす

栄養管理で犬のストレスをなくす

人間と同じようにペットもストレスを感じています。そのストレスは放っておくと皮膚の異常や下痢、胃潰瘍、食欲不振、肥満、脱毛など様々な病気になってしまいます。ストレスをなくす、またはストレスを溜めさせないためにも犬や猫などのペットの栄養管理が大切。ストレスで消費されやすいのがビタミンCですが、ビタミンE、ビタミンB群、カルシウム、カリウム、パンテトン酸、亜鉛などもストレスに抵抗するために大切な栄養素です。犬や猫、各々のペットに合った量の栄養素をしっかりとりましょう。また、精神的なことも当然、ストレスの原因になります。犬や猫、それぞれのペットが不自由な思いをしていないか、何かを我慢していないか、そして飼い主の愛情はきちんと伝わっているか、ペットが健康で元気でいるために、しっかりとした栄養管理をしましょう。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.