栄養管理士の仕事

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

栄養管理士の仕事

.

栄養管理士の仕事内容

栄養管理士の仕事内容

[(注)正しくは「管理栄養士」ですので、本文中の「栄養管理士」は「管理栄養士」としてお読みください。]

栄養管理士の仕事とはどのようなものでしょうか?栄養管理士は医療者としての立場から栄養スクリーニング、栄養状態の評価・判定、栄養診断をもとにした栄養管理、より専門的な栄養指導が主な仕事です。一般的な栄養指導を仕事とする栄養士と違う点は、より専門的な立場から、療養のための栄養指導、患者様の身体の状況を把握し、その栄養状態に応じた栄養指導、また、継続的に食事を提供する施設においての身体の状況、栄養状態の把握、それに応じた給食管理や栄養改善のために必要な指導などを行う点です。より適切な栄養管理、栄養指導をするのが仕事。また、病院において診療報酬の対象となる指導は栄養管理士が行った仕事に対してのみ対象となります。


ページのトップへ ▲

栄養管理士の仕事が生かせる分野

栄養管理士の仕事が生かせる分野

病院などにおいて栄養管理に力を入れていることからも分かるように、現在では栄養管理士の仕事を求める分野が増えてきています。病院以外では診療所などの医療機関、福祉施設、学校、保健所や保健センターなどにおいても栄養管理士の仕事に期待が高まっています。栄養管理士の仕事は、高齢社会や生活習慣病などが増えている現代社会において食事の献立を考えるだけの仕事ではなく、病気の予防や治療、健康的な身体づくりなどを目的とした内容の仕事をしなければなりません。そのためにはより専門的な知識、技術を学び、理論的な指導、根拠のある栄養管理が求められます。


ページのトップへ ▲

スポーツをする人への栄養管理の仕事

スポーツをする人への栄養管理の仕事

栄養管理士の仕事の分野の中にはスポーツをする人を対象とした栄養管理をする仕事があります。この仕事の大切な点は、やはり個人についてよく知ることです。選手の生活パターンや練習パターン、練習量、また、その競技種目の内容や特徴などを理解しそれに合わせた指導をします。選手がケガをしていたり病気を抱えている場合はその治療につながる栄養指導をしなければなりません。さらに選手がリハビリをする場合はその担当スタッフと相談をしながらの栄養指導が必要となってきます。カロリー制限を必要とする場合もあるでしょう。その場合はサプリメントなどを取り入れながらの栄養指導が必要です。ここでも栄養管理士の仕事として、栄養面での指導だけに留まらず、身体の健康や治療などについての専門的知識が求められます。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.