在宅で栄養管理

栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理

在宅で栄養管理

.

在宅の栄養管理で健康維持

在宅の栄養管理で健康維持

在宅の栄養管理の目的として健康を維持していくための予防と治療の2つに分けることが出来ます。

糖尿病や高血圧症などの生活習慣病の在宅の栄養管理は、かかりつけの病院の管理栄養士さんの指導もとにそれぞれのひとりひとりの状態にあった栄養管理が必要です。かかりつけの病院が作成した栄養管理計画書に基づいて行うことが大切です。

健康な人が健康を維持していくためにはバランスの良い食事を心掛けることが大切です。運動選手やダイエットを考えている人はスポーツジムなどで栄養管理について相談してプロに栄養管理計画書を作成してもらうのもひとつの手段です。自分で考えて行うよりプロからの総合的なアドバイスで行うほうがより効果的に健康に栄養管理をすることが出来ます。


ページのトップへ ▲

在宅の栄養管理のポイント

在宅の栄養管理のポイント

在宅の栄養管理のポイントとして

  1. 1日30品目を目標にバランスよく食べる。
  2. 主食、主菜、副菜をきちんととる。
  3. 食塩、砂糖の取りすぎに注意する。
  4. 食べ過ぎない(腹八分目)

主食

ご飯やパン、麺類などの穀類やいも類などのエネルギー源となるもの

主菜

おかず(副食)で肉類や魚介類、卵類、大豆製品などおかずの中で中心的な位置にある。

良質なたんぱく質や脂質、ビタミン類を多く含むもの。

副菜

おかずの中でも野菜やいも類、豆類など主食や主菜では不足している栄養を補います。

野菜料理など以外につけ合わせとしても出されます。


栄養管理も大切ですが在宅では毎日の食事なのであまり神経質にならずまずは@欠食をせずなるべく決まった時間に食事をするA食欲がわくよう見た目良く盛り付けるB外食をするときは定食のようなものを選ぶなどからはじめられると良いと思います。


ページのトップへ ▲


| ホーム | 栄養管理の基礎知識 | ビタミンと栄養 | 栄養管理の目標の立て方は? | 栄養管理計画書とは? | 栄養管理計画書の作成法 | 栄養管理ソフト(システム) | 栄養管理実施加算とは | NSTで栄養管理 | 高齢者の栄養管理 | 在宅で栄養管理 | 褥瘡の栄養管理 | 中心静脈栄養の管理 | 経管栄養の管理 | 拒食症の栄養管理 | 妊婦の栄養管理 | 栄養管理士の仕事 | 栄養管理士試験 | ペット(動物)の栄養管理士の仕事 | ペット(動物)の栄養管理士試験 | 犬・ペットの栄養管理 |

Copyright (C) 栄養管理ガイド!高齢者・ペットの体調管理 All Rights Reserved.